通信「ガイアから」64号を発刊しました

残暑と言ってよいのか、10月にしてはうだるような暑さの水俣。
雨も降らず、樹がところどころ葉色を黄色くしているのを見て顔色を青くする、我々です。

そんな天候のもとでも、気丈に育ってくれている甘夏には、感謝の言葉しかありません。

▲高橋園の甘夏。これから気温が下がるにつれ、実は色を黄色に変えていく。

来週には気温も下がり始めるようで、もうしばしの辛抱と、樹にも自分にも、語りかけながら日をやり過ごしています。
皆様も、どうぞおからだ大事にお過ごしください。

さてこのたび、通信「ガイアから」の64号を発刊することができました。もうすぐ、お手元に届く頃と思います。
気象に生産者の顔ぶれに、変化はあれど変わらずこの通信を出せるということが、私たちにとっては大きな希望です。流行に周回差をつけられているような、文字ばかりの商品案内ですが、手に取ってお読みくだされば嬉しく思います。

水俣の「ぐるり」にある、ご縁をいただいた品々を扱っています。お買い物にはオンラインストアが便利ですので、どうぞご利用ください(品切れの状態なども確認できます)。

またこの通信「ガイアから」を読みたい!という方がおられたら、商品案内とともにお送りしますのでお気軽にお申し付けください。購読ご希望はお問合せフォームより、どうぞ。

ガイアみなまたのオンラインストアはこちら!